スタジオキャロットについて

スタジオキャロットは「いっしょに創る、いっしょに楽しむ。」をモットーに活動中のクリエイティブ・スタジオです。

スタジオキャロットは、「Carot Creative Club」という会員制コミュニティによって成り立っています。

Carot Creative Clubのメンバーは、いっしょに作品を創り上げ、作品を楽しみ、企画を練り、議論を交わし、目標を達成する、いわば同じ船の「船員」。

今すぐCarot Creative Clubのメンバーとしてスタジオキャロットに参加して、素晴らしい作品を創りあげましょう!

Carot Creative Clubだけの特別な特典と権利
  • 限定のクローズドコミュニティ「Carot Creative Club」へのご招待
  • 毎月届くスペシャルなポストカード
  • 販売グッズの割引クーポン
  • 抽選で豪華なプレゼントも(不定期)

スタジオキャロットをもっと詳しく知る

msk (@Masaka_asobu) | Twitter

申し遅れました。私、スタジオキャロットでディレクターを勤めるkochaと申します。

簡単に自己紹介をします。(読み飛ばして頂いて構いません)

kocha( a.k.a. msk

1997年東京に生まれ、小学生の頃からパソコン・インターネットに没頭(初めて触ったパソコンは「Windows ME」)。「らき☆すた」や「涼宮ハルヒの憂鬱」、「けいおん!」など京都アニメーション作品に触れドハマリ。
中学生になり、「魔法少女まどか☆マギカ」をリアルタイムで視聴し強く感銘を受ける。吹奏楽の傍らアニメ視聴やニコニコ動画での動画投稿に専念。この頃「〈物語〉シリーズ」や「アクセル・ワールド」、「とあるシリーズ」といった小説・ライトノベルにもハマる。
高校生になり、軽音楽部で音楽活動に没頭。作詞・作編曲やPA・ミキシングなどの知識を蓄え、ベースを務めるバンドでは自身が制作した楽曲で全国大会に出場。文化祭のテーマソングやPVも制作する。
大学在学中の2019年にCarotに参加。バーチャルYouTuberのプロデュース・運営を経て3DCGアニメ制作(企画・キャラクターデザイン・脚本・楽曲制作などを担当)、漫画動画制作などを務める。
好きなマンガ・アニメのジャンルは日常系、コメディ。

……詳しくはまた別の機会に書きます。

スタジオキャロットで制作される全ての作品の企画や制作に携わっています。

私の使命は「素晴らしい作品を生み出すクリエイターに利益がもっと還元される世界を実現すること」「笑える面白い作品を世に送り出すこと」そして「作品を享受するファンの体験価値を高めること」です。

もっと気軽に自由に創作活動ができていいし、もっとファンも主体的に作品作りに関われていい、と考えています。

現在、マンガやアニメは中央集権的・封建的な作られ方をしています。

マンガは出版社さんの編集者さんと作家さんの間で紙のやり取りで作られるし(主な収入源は雑誌の売上と純広告、単行本売上です)、アニメは製作委員会の出資で多数のアニメ制作会社が多重下請け構造で制作しています。

もちろん、それらの作られ方を否定するつもりはありません。数々の名作はそういったシステムから生まれたものです。

しかし、時代は令和。インフルエンサーやクリエイターがメディアの力を借りずに、実力だけを武器にインターネットから同時多発的に生まれているのです。

しかし、彼らのうち、創作活動だけで生活できる(あるいは、創作活動を十分にできるほどの余暇が作れる)人はほんの一握りです。

私は、そういった現状を憂慮していました。

しかし、そういった巨大資本や既得権益の力を借りずしてクリエイティブな活動をし、映画まで作ってしまったあの方を見て、「オタクコンテンツでもこういった、ファンの金銭的支援とコミュニティを端として生まれる作品があっていいはずだ」と思ったのです。

インターネットでの結束力や行動力は、今まで色々なものを動かしてきました。

また、海外でもクラウドファンディングで制作されたアニメがあります。

アニメ制作現場の実情とクラウドファンディング活用のメリットとは|ベンチャータイムス
アニメ制作現場の実情世界に誇れる日本文化のひとつであるアニメ。しかし、その裏でアニメーターという職業は、低賃金かつ長時間労働と言われていて、制作サイドが頭を抱える話はたびたび浮上しています。過去にNHKニュースでは、若手のアニメ制作者の...

また、日本でも名作「クドわふたー」がクラウドファンディングによって7,800万円もの資金を集め、劇場アニメ化されました。

【リトルバスターズ!10周年ミッション】「クドわふたー」劇場アニメ化プロジェクト
発売10周年を迎える「リトルバスターズ!」 そのスピンオフ企画「クドわふたー」は同一の世界観を元にした“if”の物語です。ゲーム発売以来たくさんのファンの方より熱い映像化要望をいただいている本作。皆さまのご支援のもと劇場アニメ化を目指すプロジェクトです。

…そんなわけで、いろいろな人がより健全に創作活動ができ、ファンは直接支援できたり交流できたりする、時には企画会議にも参加する。そんな世界を実現していきましょう。

STAY GOLD!

タイトルとURLをコピーしました